“メークアシスト”について

about

代表プロフィール

代表プロフィール

市川 秀樹(いちかわ ひでき)
1954年4月 福岡県宮若市(旧鞍手郡宮田町)出身

“メークアシスト”の由来

“メークアシスト”の由来

日々の祈りで希望の未来を「メーク(創る)」を「アシスト(支援する)」との想いが込められています。

「新時代過去帳」開発の経緯

「新時代過去帳」開発の経緯

過去帳は仏具の一種で、先祖代々の御名前や、亡くなった年月日や年齢などが記入されているものです。
これを御仏壇にお供えし、日々の勤行の際に故人への回向を行いますが、従来の日めくり形式の過去帳では、故人が記入されていない日付だけの紙面を開けてお供えするということがほとんどでした。
そうした状況を鑑みた結果、お供えの過去帳を価値ある形で使用できるように、日々拝読の御書と、創価学会の記念日を記入した[新時代過去帳]の開発に至りました。
[新時代過去帳]は、お客様からのご要望にお応えする為に、手作りの製法を行っています。
この事により、故人様の御名前のご記入のご要望にもお応えする事ができ、これまでご使用の過去帳を新しい[新時代過去帳]にお取替え易くする事ができる様になりました。
市販の過去帳には安価なものもございますが、[新時代過去帳]は一冊の作成にかかる作業時間は、プレス加工の時間を含めると完成までに丸一日を要しています。
一つ一つを真心を込めて手作りで作成した[新時代過去帳]は、手作りとは思えない程のお求めやすい価格でご提供させて頂いています。
この機会に是非とも[新時代過去帳]のご使用を心よりご提案いたします。

コマーシャル動画配信中

コマーシャル動画配信中

YouTubeでコマーシャル動画を配信しています。
15秒の動画ですが是非ご視聴ください。
動画の配信はこちら⇨https://youtu.be/hj3IL9dSHqU